MENU

頭頂部が薄くなってきたけど、髪型変えたら、へっちゃらになったよ!

私は、61歳、5年くらい前から、急に髪の毛が減り、頭頂部の肌が見えるくらいになってきました。若い頃は、髪の毛も剛毛で、太く、真っ黒な髪質で、ボブヘアーをずっとしてきました。薄毛なんて縁が無いと思っていましたが、やはり、更年期を過ぎると、自分の身体が変わってくると痛感しました。ボブヘアーをずっとしてきたこともあり、よけいに髪の毛の分け目が、薄くなってきたのかもしれません。頭を下げて、挨拶するのがとても苦痛になってきました。
薄毛9
育毛剤も友人に聞いて2、3種類購入もして、付けてみましたが、あまり効果がありませんでした。育毛剤をつけてもなんかベトベトする気がして、気のりもしなくなりました。

 

そんな時、何時も行っている美容院で、担当の美容師さんに言われた言葉が衝撃的でした。「髪が薄いのを気にしないで、髪が薄いことを逆に利用した髪型にしたら?」確かに、私は、髪の毛が薄くなってきても、ボブスタイルをしていました。「そうだ、この髪質を利用する髪型にすればいい」なんか目から鱗でした。確かに剛毛だった真っ黒の髪も、今は、こしがなくなり、ウエーブが出ます。くせ毛もすごくて、湿度が高い時はよけいにうねりが出ています。美容師さんに相談し、このくせ毛を利用した髪型にすることにしました。髪に段を入れ、髪の長さも軽くしました。すると、今までのボブヘアーとは違い、髪に動きが出てきました。分け目もなくしたので、薄毛も気にはなりません。へたへた薄毛で老け印象

 

また、髪の色も白髪が増えてきていたので、ちょっと優しい栗色に染めてみました。出来上がった髪型を見て思わず笑顔になりました。今まで、薄毛で悩んでいたのが嘘のようです。自然な動きがありました。なんか、髪型を変えただけで気持ちが明るくなりました。友人からも、「明るくなったね」とか、「なんか若返ったよ」とか言われます。私自身もなんか気持ちが楽になり、ホッとしました。今まで、薄毛で悩んでいたのがおかしいくらいです。髪の毛の変化は、誰しもあるものです。こんな風に考え方を変えれば、今は老いていくのも悪くないなぁと思っています。