MENU

髪をいじりすぎて薄毛が悪化したのにヘアメイクが止められない

薄毛11
私はまだ20代なのですが、早くも薄毛に悩んでいます。自分が薄毛だと自覚したのは中学生の頃で、親に「ちょっとつむじ目立ってない?」と言われたのがキッカケです。
私の髪は猫っ毛でただでさえボリュームがありません。そのため、ボリュームを出そうとセットをしてもいつのまにかペッタンコになってつむじが目立ってしまう有様でした。

 

私はそれを隠そうと思って色々髪型を変えたりパーマをかけたり必死になりましたが、当時は学生だったこともあり派手なイメチェンはできませんでした。
社会人になってから、校則がなくなってカラーもパーマも自由にできるようになったので、欲望がついに弾けてしまったんでしょうね。

 

美容院に行く度にカラーを変えてみたり、パーマを試したりと薄毛でもできるイメチェンを何度もしてしまいました。
今まで染めたことがないような色に髪を染めるのはとても楽しかったですし、根本からキレイにカラーリングされていたり整ったカールがかかった髪は見ていても満足できました。

 

しかし、ヘアメイクのしすぎで薄毛が悪化したことに気づいたのはそれから数年後でした。
気がついたら頭の上の毛の分け目が非常にハッキリしていました。また、以前にも増して髪が細く、ペッタンコになったように思います。

 

先日久々に従兄弟に会ったのですが、「あれ、ちょっと髪梳きすぎじゃない!?」と言われてしまいギョッとしました。
勿論、私には梳くほどの髪はありません。髪がスカスカになっていると指摘されたようなものなので、この時はさすがに悲しくなりました。

 

しかし、それでも髪をいじるのは楽しいで素の状態だとタダの薄毛女なのでやっぱり髪のセットはしっかりしたいのです。そう思うと、髪と頭皮に悪いとわかっているのにカラーもパーマもすぐには止められません。
地味な印象になったらそれこそ魅力が大幅に下がると思うので、いけないと知りつつも髪をいじりすぎる習慣を捨てきれずにいます。